• 事業計画にて外部環境分析で利用する人口推移統計

    2016/05/25

    PEST分析を行う場合の一つの要素として人口統計がよく利用されます。「少子高齢化」「労働力人口の減少」など、言葉としては多々出てくるが、それではいったいのところ本当はどうなのかを検証してみました。

    情報の出所は「ひと・まち・しごと創生本部」で、エリアを広島県広島市と広島県廿日市市で限定比較。現在、10年後、20年後、25年後を加工しグラフ化。

    jinkou_toukei201605

    今後の想定人口推移から、確かに今後「少子高齢化」「労働力人口の減少」になることがグラフ(数値)及び表から分かりました。さらに

    「人口全体が現象傾向にある」、「高齢者は女性が多く、長生き」ということも証明されました。さらにさらに

    「企業の雇用者不足」、「事業継続のための事業継承問題」も如実に見えてきます。まだまだ見ているといろいろなことが想定されてきます。

    数値を根拠にすることは非常に大切なことだと感じています。経験や勘に頼る部分もありますが、データを根拠に改善することのほうが説得力があると思います。

    野上


    Post Tagged with ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です