• 無線LANに注意!(2016/09/01)

    2016/09/01

    今月はセキュリティ関連の投稿月間にさせていただきます。

    今回のテーマは「無線LANに注意!」です。

    便利と危険は隣り合わせです。

    なにげなく、便利だからと言って利用している無線LAN。気を付けないと社内の情報が漏えいする元になります。

    無線LANを設置しているということは、建物の外にも無線が飛んでいる可能性は大です。その無線を拾い、パスワードで接続すれば簡単に社内のLANに入り込むことができます。悪用のために不正にパスワードをスキャンして調べ、接続した事例もあります。ですから最低限の対策は行いましょう。

    特にホテル用Wifiルータのような製品を社内で利用し、簡単に無線接続できるように設置している場合なども注意です。

    対策検討事項1

    無線LAN装置(親機)は各々のスペックがあり、電波範囲をよくみて事務所に見合ったものにしましょう。ついつい、どこでも無線が飛ぶようにしたい気持ちも分かりますが、建物の外にも飛ぶことをよく考えて機器の選定をしましょう。

    対策検討事項2

    無線にだけ限ることではありませんが、パスワード(パスフレーズ)は、企業名なの推測されやすいものはやめ、大文字、小文字、数字、記号を使いましょう。

    対策検討事項3

    企業によって店舗の場合などは、無料でWifi接続できうるように提供したい場合があります。その場合には、「Wifi接続の場合はインターネットにしか出ない設定」をすることを実施しておきましょう。

     

    便利は危険と隣り合わせです。ルータ等を設定する場合には、マニュアルをよく読み、または専門業者に依頼するなどして、「穴」がないようにしましょう。

    野上

     


    Post Tagged with
Comments are closed.