• ファイルの拡張子を表示しよう!(2016/09/23)

    今月はセキュリティ関連の投稿月間にさせていただきます。

    15回目のテーマは「ファイルの拡張子を表示しよう!」です。

    便利と危険は隣り合わせです。

    メールでよく添付ファイルが送付されてきますが、その添付ファイルが何のファイルであるかよくわからない場合があります。やっかいなものは実行ファイルで、クリックすることにより感染する場合があります。ZIPファイルの場合は、解凍するとexeファイルがついていたりします。そのような場合にはエクスプローラで「種類」を確認してみましょう。

    WindowsOSの場合、「エクスプローラ」を起動し、添付されてきたファイルを一覧で見てみましょう。一覧の中に「種類」という列がありますが、そこが、「アプリケーション」や「JScript Script ファイル」と出ていれば、クリックしてはいけません。

    ちなみに、拡張子も見ておきましょう。EXCELの場合は、xlsやxlsxと名前の後ろについています。exeやjsは要注意です。

    ちなみに拡張子が表示されていない場合は、

    Windows7の場合

    エクスプローラ上部「整理」→「フォルダと検索のオプション」→「表示タブ」を開く

    20160923

    上記の「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外す

    「適用」→「フォルダーに適用」→「OK」で拡張子が表示されます。

    Windows10の場合

    同様にエクスプローラを開き、「表示」→「ファイル名拡張子」

    のチェックをつける

    添付ファイルが怪しいかどうかの判断に活用下さい。

     

    野上


    Post Tagged with
Comments are closed.