• バックアップについて

    2017/05/09
    業務で利用しているデータは、非常に大切な資産。だから、念のためという保険としてバックアップを取得します。

    しかし、そのバックアップについては、大きく、リアルで取得する方式 と まとめて取得する方式 があります。

    最近のクラウドバックアップは、EXCELデータなどを更新したら、その場で、クラウドへバックアップされます。

    これについては一長一短があります。

    リアルで、更新されるとバックアップされる。これは中身のデータが破壊されてもそのままリアルでバックアップ
    され、バックアップから戻しても破壊された状態となります。
    一方、1日1回夜などでのバックアップ方法は、破壊された場合バックアップから戻せば、その時点のデータまで
    戻せることができます。

    先日も某お客様から間違えて大切なデータを消したのだけど何とかからないかという運用問合せがありました。
    該当となっているユーザデータは、業務のない夜間にUSBDISKにバックアップを取得しているため、
    そのバックアップから戻すことで事なきを得ました。データを間違えて削除しても、リアルの場合は、バックアップ
    からも削除されます。(※方法、サービスによっては削除データも残る場合もあります)

    保管するデータの特性に応じて、どのバックアップ方式をとるか、よく考えて利用する必要があります。

    野上


Comments are closed.