• お客様目線にたって

    2018/2/26

    私たちは、いつしか自分の立場で利用している言葉や業務で表現しており、自分目線で考えてしまい、インターネット上の表記、投稿、メールなどでも同様になっています。

    企業対企業における販売管理の言葉を例にすると、お得意先へ提供するウェブからの注文エントリ画面に「受注入力」はどう見ても言葉はおかしいと思います。

    お客様(相手)目線に立てば、まだまだあります。

    アカウントにてログインしているにも関わらず、ユーザ名が必要。

    入力画面でやたらと必須項目が多い。

    締切の期間が短い。

    40代以上の人へ配布資料、サイトの閲覧ページの文字が小さい

    などなど・・・

    自分都合になってしましがちですが、相手に優しくありません。(逆の立場になったら分かります)

    インターネット上の改善の項目としてEFO(入力フォーム改善)という施策があります。

    いかに入力を優しく、簡単にするかという内容です。

    サイトにおける固定ページの記述や投稿の言葉、表現は、相手に不快を与える場合もあります。

    「相手に優しく」を心がけましょう。

    野上

     


    Post Tagged with ,
Comments are closed.